光本邸 尼崎市南武庫之荘  鉄筋コンクリート造


典型的な都市型住宅。阪神間でも有数の住宅地である武庫之荘で土地選びの段階から施主と同行し選定した角地の敷地です。カーマニアでもある施主の要望で車6台を止めることの出来るカーポートを1階に設けたために、約60坪の敷地では必然的にリビングなどパブリックスペースは2階になる平面計画になりました。ただし2階の室外テラス空間に水盤のある塀で閉ざされた光庭があり、周囲の目線を気にすることなく連続性のある外部空間と内部空間を楽しむことが出来ます。鳥の飛来、季節ごとに室内に入る太陽の光の角度、あるいは水盤に反射した光が室内の天井に映りこむ位置が変わり、違った顔を見せる空間となることでしょう。さらに使いづらいという一般論は無視して3階に露天のある浴場を計画、物干し洗濯場も隣接させているので少しは家事に寄与していることかと思います。多少の弊害があるかも知れませんが、毎日この光あふれるお風呂と露天で得られる快適さは得がたいものがあると喜んで使って頂いています。